クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

1月 クリスマスローズ 原種 栽培

0


    そろそろ開花するクリスマスローズも♪


    1月は、私たちに人間にとって、非常に寒い季節ですが、
    クリスマスローズの原種は、たくさんの種類が蕾を付け、
    徐々に、開花が見られるようになります。

    ・1月の有茎種
    ヘレボルス・ヴェシカリウス以外の有茎種は常緑種なので、
    葉は茂り、だんだんと開花してきます。

    ・1月の無茎種
    無茎種は、ほとんど古葉が枯れてしまいますので、
    蕾が目立って見えます。前年度にまいた種は、この頃発芽します。

    ・1月の育て方のポイント
    1月は寒さが厳しいため、植え替え、株分け、植え付けの作業は行えません。
    この時期に入手した株については、そのまま管理し、
    寒さが和らぐ2月頃に植え付け、株分けの作業を行いましょう。


    ■1月に行う作業

    ・古葉とり
    無茎種は、前の年に展開した古い葉が枯れ始めるので、
    全体的に、茶色っぽく枯れてきたら順番に除いていきます。

    古葉とりの作業は、葉柄を付けたまま、付け根から約3センチほどで切ります。
    この時期に古葉とりを行わないと、春過ぎになってから、
    灰色かび病などの糸状菌による病気が発生してしやすいです。

    また、この時にハサミを使って作業をしますが、
    1株終わるごとに、消毒してください。

    ライターなど火で炙る方法が簡単です。
    消毒液なども販売されています。



    これからの季節は楽しみですね


    ■鉢植えの管理

    ・置き場所
    1月は、日当たりの良い場所で管理します。
    クリスマスローズの原種の鉢は、
    原則として、風通しの良い場所であるのが望ましいです。

    とくに、この時期は冷たい風が吹きますので、
    寒風、強風に当たらない場所に置きましょう。
    これが、蕾の立ち上がりを良くするポイントです。

    また、鉢は、すのこや、鉢台を使用するなどして、地面にそのまま、
    置かないようにしましょう。

    これは、鉢底の通気性を良くするためです。
    また、特に、発芽したばかりの小さな苗は、
    寒害の被害に遭いやすいため注意が必要です。

    ・水やり
    水やりは、土の表面が乾いた時に、たっぷりと与えます。
    この時期、日本は湿度が低く、乾燥しているものの気温が低いので、
    それほど、水やりは不要になるはずです。

    大体、1週間に1回程度、水を与えてください。
    また、この季節は凍ってしまうこともあるので、
    午前中から昼頃に与えるのが理想的です。

    ・肥料
    1月は、下旬頃に追肥を行います。
    カリ、リン酸分の多い、緩効性化成肥料などを与えてください。
    また、開花が見られましたら、液体肥料に切り替えるのが良いでしょう。


    ■庭植えの管理

    水やりは、雨が当たらない場所でない限り、特に不要です。
    肥料に関しても、追肥がいらない季節です。


    ■病害虫の防除について

    寒いこの季節は、病気の発生はあまりないと言えます。
    しかし、害虫ではエカキムシとも呼ばれるハモグリバエに気をつけてください。
    葉の中に幼虫が見えるので、捕殺するか、葉ごと取り除きましょう。

    >>1月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

    >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
    >>クリスマスローズ 開花株を見てみる

     

     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     

     


    6月 梅雨時期のクリスマスローズの管理には注意を

    0


      原種系はとくに梅雨に敏感です


      6月になると日本は梅雨の時期を迎えます。
      高温多湿の梅雨の季節はクリスマスローズを管理する上で、
      非常に過酷な気候だと言えます。

      生育条件が悪くなっている時ですので、根腐れなどが
      起こらないように、管理には十分気をつけて下さい。

      また、種の採取時期もだいたい6月頃です。
      飛散しないように袋をかける等し、種の採取していきましょう。


      ■6月の管理方法

      ・種取り
      種は徐々に大きくなり、やがてはじけて下に落ちます。
      袋掛けをしておくと、種を飛散させずに採取することが出来ます。

      袋掛けをしなかった物に関しては、さやが褐色になったのを目安に
      花首から切り取っていきます。

      ・種の保存方法
      クリスマスローズの種は乾燥させると発芽が悪くなります。
      そのため、まずは種の表面に付いているぬめりを水で洗い、
      乾かない内にとりまきをするか、ストッキングなどに入れて
      日陰の水はけの良い場所に埋めておきます。

      ・種まき
      少量の種まきをするのであればとりまきがお勧めです。
      しかし、大量に種まきを行いたい場合などは10月頃まで
      種まきを待ちましょう。



      梅雨と夏を乗り切れば、また美しい開花を見られます


      ■庭に植えの管理

      ・水やり
      水を与えすぎてしまうと病気が起こりやすくなります。
      少し乾かす程度に水やりを行なっておくと良いでしょう。
      雨の少ない時はだいたい、1週間に1回たっぷりとあげるくらいで
      構いません。

      ・肥料
      この時期は病気から守るためにも肥料は与えません。

      ・その他の管理
      西日が強く当たる場所に植えている場合は、
      日陰になるように工夫しましょう。
      また、水はけの悪い場所とならないよう注意して下さい。


      ■鉢植えの管理

      ・水やり
      鉢の表面が乾いてきた頃を目安に水やりを行います。

      ・肥料
      庭植えと同じく、この時期には肥料を与えないで下さい。

      ・置き場
      高温多湿の6月は根腐れが起こりやすい季節と言えます。
      なるべく雨の当たらない風通しの良い場所で管理しましょう。


      ■病害虫の防除について

      土壌病害(根腐れ病・白絹病など)には注が必要です。
      その他、アブラムシの予防・灰色かび病の防除なども
      行なっておきましょう。

      >>クリスマスローズの苗を各種見てみる
       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

      クリスマスローズ


      Christmas rose

      クリスマスローズの良苗♪

      selected entries

      categories

      links

      お勧めです!





      シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

      profile

      search this site.

      others

      応援してね!

      にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
      にほんブログ村
      人気ブログランキングへ
      ブログランキング
      ランキングはこちらをクリック!
      FC2 Blog Ranking
      @With 人気Webランキング
      PVランキング
      ブログランキング
      ブログランキングNo.1
      livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
      seo great banner

      • キーワード調査ツール

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM