クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

9月 クリスマスローズ 原種 栽培

0

     
    9月の蒸し暑さをじょうずに乗り越えましょう


    9月上旬はまだまだ、夏の蒸し暑い日々が続きますので、
    クリスマスローズの栽培には、じゅうぶん気を付けたい時期です。

    また、9月になると、太平洋高気圧と長雨の影響から、
    株の中の湿度が高くなりやすくなりますので、
    根腐れしないように日除け対策、水やりの頻度、量を調節します。

    9月も下旬頃になると、根が活発に動き始める品種もあるので、
    再び、肥料を与え、冬に向けて株を充実させていきましょう。


    ■9月 クリスマスローズ 原種 栽培

    ・9月の有茎種、無茎種
    生育はまだまだ「半休眠期」ですので、見られないものも多いですが、
    ヘレボルス・チベタヌスは葉が枯れ始め、ヘレボルス・ボッコネイは、
    新葉が展開されはじめます。

    また、ヘレボルス・ニゲルが蕾を付けることもあります。

    ・9月の育て方のポイント
    9月はまだまだ暑いことに加え、雨の影響を受けやすい時期です。
    そのため、6月の梅雨の時期と同じくらい、
    株の蒸れ具合には充分注意して管理するべきだと言えます。


    ■9月に行う作業

    6月以降は、寒冷紗などの日除け対策が必須となりますが、
    9月も引き続き、日除けを行いながら、育てて行くと良いです。
    ただ、9月も下旬になれば少し暑さがやわらぎますので、
    徐々に直射日光に当てるようにしてください。



    もう少しでつぼみも出来てきます


    ■鉢植えの管理

    ・置き場
    9月中旬頃までは、まだギラギラとした日差しも降り注ぐので、
    原種によって置き場が多少変わりますが、

    「明るい日陰〜半日陰」または、
    「半日陰〜午前中日の当たるところ」で管理します。

    彼岸を過ぎた頃になったら、風通しの良い日なたへ移動しはじめ、
    日除けもとり、充分に日光に当てるようにしていきましょう。

    ・水やり
    水やりは、週に2〜3回程度行えば良いです。
    鉢の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るくらい、
    たっぷりの水を与えてください。

    9月下旬ころになるにつれ、徐々に頻度は少なくしていきましょう。
    ただ、9月は降水量の多い月ですので、
    雨の具合をみて、水やりの回数を調整する必要があります。

    ・肥料
    9月も彼岸を過ぎれば少し、涼しくなってきます。
    それと同時にクリスマスローズは、一部、根が動いて新芽が出始めます。
    休止していた肥料も、この頃から再開です。

    「追肥」として、リン酸分、カリ分の多い緩効性化成肥料や、
    油かすなどを与えます。
    この頃から2週間に1回の液体肥料も12月頃まで与えていきます。


    ■庭植えの管理

    ・水やり
    雨が完全に当たらない場所の場合は、水やりが必要ですが、
    それ以外の場所であれば、特に水やりは不要です。

    ・肥料
    9月下旬に、リン酸分、カリ分の多い緩効性化成肥料や、醗酵油かすを、
    「追肥」として与えます。


    ■病害虫の防除について

    夏に発生しやすい、べと病、うどんこ病、灰色かび病、
    軟腐病、ブラックスポットは引き続き、注意が必要です。

    また、新葉が展開し始めると、
    ウィルス性のブラックデスが発生することもあります。

    害虫にいたっては、ナメクジ、バッタ、
    ヨトウムシ、アオムシなどの被害に遭いやすく、
    夏越しした葉に被害が出ることもありますので注意してください。

    >>人気の花苗ランキング
     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     


    1月 クリスマスローズ 原種 栽培

    0


      そろそろ開花するクリスマスローズも♪


      1月は、私たちに人間にとって、非常に寒い季節ですが、
      クリスマスローズの原種は、たくさんの種類が蕾を付け、
      徐々に、開花が見られるようになります。

      ・1月の有茎種
      ヘレボルス・ヴェシカリウス以外の有茎種は常緑種なので、
      葉は茂り、だんだんと開花してきます。

      ・1月の無茎種
      無茎種は、ほとんど古葉が枯れてしまいますので、
      蕾が目立って見えます。前年度にまいた種は、この頃発芽します。

      ・1月の育て方のポイント
      1月は寒さが厳しいため、植え替え、株分け、植え付けの作業は行えません。
      この時期に入手した株については、そのまま管理し、
      寒さが和らぐ2月頃に植え付け、株分けの作業を行いましょう。


      ■1月に行う作業

      ・古葉とり
      無茎種は、前の年に展開した古い葉が枯れ始めるので、
      全体的に、茶色っぽく枯れてきたら順番に除いていきます。

      古葉とりの作業は、葉柄を付けたまま、付け根から約3センチほどで切ります。
      この時期に古葉とりを行わないと、春過ぎになってから、
      灰色かび病などの糸状菌による病気が発生してしやすいです。

      また、この時にハサミを使って作業をしますが、
      1株終わるごとに、消毒してください。

      ライターなど火で炙る方法が簡単です。
      消毒液なども販売されています。



      これからの季節は楽しみですね


      ■鉢植えの管理

      ・置き場所
      1月は、日当たりの良い場所で管理します。
      クリスマスローズの原種の鉢は、
      原則として、風通しの良い場所であるのが望ましいです。

      とくに、この時期は冷たい風が吹きますので、
      寒風、強風に当たらない場所に置きましょう。
      これが、蕾の立ち上がりを良くするポイントです。

      また、鉢は、すのこや、鉢台を使用するなどして、地面にそのまま、
      置かないようにしましょう。

      これは、鉢底の通気性を良くするためです。
      また、特に、発芽したばかりの小さな苗は、
      寒害の被害に遭いやすいため注意が必要です。

      ・水やり
      水やりは、土の表面が乾いた時に、たっぷりと与えます。
      この時期、日本は湿度が低く、乾燥しているものの気温が低いので、
      それほど、水やりは不要になるはずです。

      大体、1週間に1回程度、水を与えてください。
      また、この季節は凍ってしまうこともあるので、
      午前中から昼頃に与えるのが理想的です。

      ・肥料
      1月は、下旬頃に追肥を行います。
      カリ、リン酸分の多い、緩効性化成肥料などを与えてください。
      また、開花が見られましたら、液体肥料に切り替えるのが良いでしょう。


      ■庭植えの管理

      水やりは、雨が当たらない場所でない限り、特に不要です。
      肥料に関しても、追肥がいらない季節です。


      ■病害虫の防除について

      寒いこの季節は、病気の発生はあまりないと言えます。
      しかし、害虫ではエカキムシとも呼ばれるハモグリバエに気をつけてください。
      葉の中に幼虫が見えるので、捕殺するか、葉ごと取り除きましょう。

      >>1月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

      >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
      >>クリスマスローズ 開花株を見てみる

       

       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

       

       


      クリスマスローズ


      Christmas rose

      クリスマスローズの良苗♪

      selected entries

      categories

      links

      お勧めです!





      シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

      profile

      search this site.

      others

      応援してね!

      にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
      にほんブログ村
      人気ブログランキングへ
      ブログランキング
      ランキングはこちらをクリック!
      FC2 Blog Ranking
      @With 人気Webランキング
      PVランキング
      ブログランキング
      ブログランキングNo.1
      livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
      seo great banner

      • キーワード調査ツール

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM