クリスマスローズ 開花株を各種見てみる

7月 クリスマスローズ 原種 栽培

0


    クリスマスローズには、苦手な7月です


    7月、日本の季節は「夏」。
    近年は特に、猛暑日、真夏日も多く、熱中症対策は必須です。

    そんな日本の夏は、植物にとってもまた、非常に過酷です。
    クリスマスローズは、特に水やり不足や灰色かび病に注意します。
    また、同時に梅雨や夕立による過湿にも注意しましょう。


    ■7月 クリスマスローズ 原種 栽培

    ・7月の有茎種、無茎種
    どちらも、「半休眠期」に入りますので、
    発芽苗でさえも、生育はみられません。

    有茎種の場合も、無茎種の場合も、
    葉はそのままの状態になります。

    ヘレボルス・ニゲルは枯れ始めた部分から切り取っておくこと、
    ヘレボルス・チベタヌスは、落葉を抑えるため、
    特に涼しい場所で管理するよう気をつけて育ててください。

    ・7月の育て方のポイント
    6月から続く梅雨の影響から過湿になり、根が傷みやすくなります。
    そのため、6月〜7月にかけての雨の多い時期は、過湿に注意します。

    逆に、梅雨でも晴れている時は、気温が高くなるので、
    水切れにも注意しなくてはいけませんね。

    この時期のクリスマスローズを上手に管理するには、
    天気予報の力も借りるべきだと言えるでしょう。
    さらに、夕立、台風による過湿からの根腐れにも気をつけます。



    花を待ち焦がれて栽培しましょう


    ■7月に行う作業

    ・寒冷紗
    この時期は、株の日焼けや蒸れが心配される時期です。
    日光の強い場所では、株を寒冷紗で覆い、
    しっかりと日除け対策を行います。

    また、寒冷紗を使用する時は、寒冷紗と株との間に、
    きちんと空間ができるようにして使用します。


    ■鉢植えの管理

    ・置き場
    有茎種と無茎種とは、管理方法が異なりますが、
    さらに、その中の種類でも、それぞれ耐暑性が違うため、
    原種の種類に応じた置き場で管理することが必要になります。

    基本的には、「明るい日陰から、半日陰」、
    または「半日陰〜午前中のみ日の当たるところ」
    のどちらかで栽培を行います。

    コケが生えたら注意します。
    クリスマスローズの鉢植えにコケが生えるのは、
    水はけが悪く、土の中が過湿状態だと言えます。

    そのままにしておくと、根腐れしてしまう場合がありますので、
    雨が直接当たらない位置に置き換えるなどの工夫をします。

    ・水やり
    夏の水やりは、早朝または夕方以降に行うのが良いです。
    一番良いのは、早朝です。

    気温の高い日中に水やりを行うと、
    あげた水の温度が上昇し、株を傷めてしまいます。

    水やりの頻度は、週に3回程度が一般的です。
    ただし、7月の暑い日々は、日中に光合成が盛んに行われるため、
    葉からの蒸散も多く、水切れを起こしやすくなっています。

    用土の表面が白く乾いてきたら、
    鉢底から流れ出るくらいの水を与えてください。

    ・肥料
    肥料は与えませんが、水やりの代わりに、
    活力剤を使用するのが、お勧めです。
    15日に1回程度、株の勢いを止めないよう与えてみてください。



    横顔も素敵なクリスマスローズ


    ■庭植えの管理

    ・水やり
    梅雨明けまでは、水やりは不要です。

    梅雨明け後からは、様子を見ながら水やりをしていきます。
    また、水やりをする時は、株の周りにも打ち水として水を撒くと、
    気温が下がり、夏越ししやすくなります。

    雨の当たらない場所で管理しているクリスマスローズは、
    鉢植え同様、土の表面の乾き具合をみて水やりを行ってください。


    ■病害虫の防除について

    病気について言えば、6月と同じく、軟腐病や、うどんこ病、
    べと病、黒斑細菌病(ブラックスポット)、
    灰色かび病などの病気が発生しやすいです。

    害虫については、ヨトウムシ、ナメクジ、アオムシ、
    バッタなどの防除に努めてください。

    >>7月のクリスマスローズ園芸種の育て方はこちらです

    >>クリスマスローズ 原種系の苗を見てみる
    >>クリスマスローズ 開花株を見てみる

     

     

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     

     

     

     

     


    8月 クリスマスローズの苦手な季節です

    0

       


      ガーデンハイブリッド ダブル咲きプレミアム【現品】
      クリスマスローズピンクベイン八重 開花株5号 20404


      クリスマスローズは、夏に弱い植物ですので、
      8月の暑い時期にはしっかりと世話をしてあげたいものです。

      特に原種系やその交配の種類の鉢植えは、
      涼しいところを選んで移動することも必要になります。

      休眠状態にあるこの頃は、外観の変化こそありませんが、
      水切れや雑草の手入れなどに注意し、
      冬に向けて大切に管理していくことが大切です。


      ■8月の管理方法

      7月と同様、生育環境を整えてあげましょう。
      樹が混み合っている部分はカットし風通しを良くすることで、
      暑い夏を耐えられるようにします。

      また寒冷紗などを使うと、遮光することもできます。
      株が弱らない程度に、直射日光を遮りましょう。





      ダブル咲きガーデンハイブリッド 【現品】クリスマスローズ ブロッチ系八重開花株 
      *お写真2点のクリスマスローズ開花株は、
      千草園芸さんで販売されています。


      ■庭植えの管理

      ・水やり
      あまり乾燥させないように、1日に1回たっぷり水をあげましょう。
      この時、水が暖まってしまわないように早朝や夕方の時間帯に、
      葉の上から散水するようにします。

      ・肥料
      この時期には一切肥料を与えないで下さい。


      ■鉢植えの管理

      ・水やり
      乾燥がひどく葉っぱがしおれてしまうような場合には、
      日陰に移してあげるとよいでしょう。
      それ以外の場合は、1日に2回、朝と夕方にたっぷり水を与えます

      ・肥料
      この時期に肥料は一切与えないでください。

      ・置き場
      日差しの強い8月は、涼しく風通しの良い場所に移します。
      遮光も忘れずに行なってください。


      ■病害虫の防除について

      高温乾燥が続くこの頃は、ハダニの発生が活発化します。
      葉の表裏に水をかけるように水やりをすることで、
      ハダニの発生はある程度抑えることができます。

      また、ハダニは葉っぱの裏側に発生するものですので、
      クリスマスローズの葉の裏まで良く観察しましょう。

      その他、根腐れ病や白絹病などの土壌病害や、
      べと病、炭疽病などにも注意してください。

      >>クリスマスローズの開花株を各種見てみる
       

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

       


      クリスマスローズ


      Christmas rose

      クリスマスローズの良苗♪

      selected entries

      categories

      links

      お勧めです!





      シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

      profile

      search this site.

      others

      応援してね!

      にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
      にほんブログ村
      人気ブログランキングへ
      ブログランキング
      ランキングはこちらをクリック!
      FC2 Blog Ranking
      @With 人気Webランキング
      PVランキング
      ブログランキング
      ブログランキングNo.1
      livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
      seo great banner

      • キーワード調査ツール

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM